スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プーアル茶通販 プーアルカフェ
中国茶用急須作り
一度作ってみたら奥の深さにはまり、その後も急須を作っています。

今回は中国茶用の急須を作ってみました。

急須

なかなかよくできたと思い内心満足していたのですが、
今こうやって写真で見ると色々とあらが見えます。。。
... Read more ▼
中国の急須は本来はタタラとよばれる技法で作るそうですが、
私の知っているタタラでこんな急須が作れる気がしないのでろくろで挽きました。

さらに、中国急須の約束事等もまるでわかっていないので見よう見まねです。

今回轆轤はなかなかよく引けたと思ったのですが、
蓋のサイズがぴしっと会わなくて残念です。

作ったときはしっかりあったのですが、乾燥度が違うので蓋の方が小さくなりちょっと沈んでしまっています。
完全に乾燥するとさらにおちてしまうのでしょう。。。

それでも焼き上がりをあれこれと想像しているのは楽しくもあり、うれしくもあります。


☆材料☆
・粘土

☆作り方☆
1. 胴を挽きます。今回は指のみで挽きました。
2. 蓋と合わせる部分は蓋が落ちないように斜めに角度を付けて仕上げました。
3. 蓋を挽く。こちらも落ちないように胴の口の部分に合わせて斜めに仕上げました。
4. 口を挽く。小さいとっくりを挽きます。
  かなり細いので極小のコテをうちから当てて挽いた後、細くすぼめました。
5. 取っ手を作る。粘土のかたまりを指でしごく感じにのばしていきます。
6. 乾いたら胴体と蓋の合わせを削って微調整します。乾燥すると合わなくなるのでこのときは蓋を大きめにしましょう。(今回失敗)
7. 口、取っ手をつなげます。
8. 蓋に穴をあけるのを忘れずに
9. 一応完成。

胴体にポッチがあったり取っ手の仕上げが汚くなっているので今度湿らせたなめし皮かスポンジで整えます。
今回は収縮を甘く見たために蓋が縮んで下に落ちてきてしまいました。もっと乾燥してから削るべきです。
蓋がこれ以上合わなくなったら胴体の方の角を落としてごまかします。

以上誰の役にも立たない陶芸シリーズでした。 ↓よろしければポチを。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

テーマ : 陶芸
ジャンル : 趣味・実用

プーアル茶通販 プーアルカフェ
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

puerfun

Author:puerfun
プーアル茶を飲んでダイエットしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
プーアル茶通販 プーアルカフェ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。